猫の病気

病気END

clickするとページに移動

■HOME■

みんなで広げようペットの輪!!トリミングサロンDogBuddyのトップページ

■グッツ■

雑貨やペットグッツのページ!

■料金■

トリミングコース料金表。

■アクセス■

西八王子駅南口から徒歩5分以内!

■キャンペーン■

お得な割引情報はもちろん!

■店舗紹介■

DogBuddy店舗の紹介をしています。

■ニュース■

トリミングサロンの最新情報満載のニュースです。

■割引情報■

最新割引クーポンの入手の仕方をチェック!!

■送迎■

無料送迎有り!!

■いたちの湯■

いたち専門温泉いたちの湯紹介!!

■一時預かり■

大切なペットお預かりします。

■猫の病気■

猫の病気についてのトップページです

■フェレットの病気■

フェレットの病気についてのトップページです

■動物病院■

八王子、多摩周辺の動物病院案内です

■サイトマップ■

ダイレクトにページにアクセス!HPの目次です。

病気END 携帯サイト

トリミングサロントップページ >猫の病気TOP >目の病気

猫の病気、カテゴリー。目の病気

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。定休日を除く9:30〜19:00受付可能

このページの一番下へ

新生児眼炎

生まれたての眼が開く前の子猫に発生するこの病気は、急性化膿性結膜炎のことです。

産道を通る時にブドウ球菌や大腸菌などに感染することで起こります。

放っておくと失明に至ることもありますので早期の治療が大切です。治療は、眼を洗浄した後に抗菌薬を点眼します。

新生児眼炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

眼瞼内反症

眼瞼内反はまぶたのふちが眼球の側に折り返されてしまう状態のことを言います。

その為に目をこすったり、つねに涙が出て、目頭の下の毛がぬれていたり、目やにがついています。

ふつうは結膜炎やまぶたについた傷跡が縮むことによって発症しますが、ペルシャネコに関しては先天的なものが原因になっているようです。

後天的には、ケンカなどによる外傷に起因します。

眼瞼内反症

八王子・多摩動物病院のページを表示

結膜炎

結膜炎を発症すると、結膜が赤く腫れて涙を流し、血や膿、目やにが出るほか、炎症を起こすこともあります。

それらが気になって、よくまぶたをこするようになります。また、目やにによって、まぶたが閉じて開かなくなることもあります。

結膜炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

進行性網膜萎縮症

網膜が萎縮することで視力障害を起こし、動体視力が衰えていったりします。

眼底にある光を感じる光受容層に、異常が生じる病気で初期状況でしたら視力障害は起こりません。

症状が進行すると、夜間の視力障害が現れ動いているものを追いにくくなり、 さらに進行すると、昼間の視力にも障害が現れ、光に対する反応が遅くなります。

末期になると、瞳孔は開きっぱなしになり視力が失われていきます。

進行性網膜萎縮症

八王子・多摩動物病院のページを表示

角膜炎

何らかの拍子に角膜に傷がつき、それを放置した場合、角膜が炎症を起こすことがあります。

これを角膜炎といいます。症状としては炎症を起こした部分が他の部分と比べて厚くなるので、白く濁ったように見えます。

角膜炎の種類には表層性角膜炎、深層性角膜炎など多くの種類があります。

治療法は種類によっても異なりますが点眼薬による治療が一般的で、ひどくなると角膜手術が必要となる場合もあります。

角膜炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

緑内障

眼房内は房水で満たされており、この水は前房内を循環して角膜と虹彩の隙間から眼球外へ排出されます。

この水が何らかの理由で排出が阻害され、前房圧が上昇した状況を緑内障といいます。

猫は隅角が広いために緑内障にはなりにくいと考えています。猫の緑内障は眼疾患で腫瘍・眼内炎などが続発するものがほとんどです。

軽度の場合は特に目立った症状は見られません。

しかし、病状が進行していくとさまざまな症状が現れます。特徴的ものは瞳孔が開きっぱなしになる「散慟」と言う現象です。

本来ネコの瞳孔は明るい所では細く閉じていますが、緑内障になると大きく開いたままになってしまいます。

何らかの理由で角膜の後ろにある液体(房水)の分泌と流出とのバランスが崩れて房水が増えてしまうと眼圧が高くなりその結果、緑内障が発症するのです。

緑内障

八王子・多摩動物病院のページを表示

白内障

白内障は、水晶体(レンズ)が白くにごってしまう病気で、光が網膜に達しにくくなるため見えにくくなってしまいます。

外傷性、糖尿病性老齢性などが原因として挙げられますが、猫ではヒトや犬のような老齢性のものは少なく外傷性のものが圧倒的に多いです。

眼の表面が白くなってくると目立つので、これを白内障と言われる方が多くいますが、これは角膜混濁という病気で、白内障とは別のものです。

痛みもなく徐々にくるので、飼い主さんは気がつきにくい病気の一つです。

白内障

八王子・多摩動物病院のページを表示

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。9:30〜19:00受付可能

トリミングサロン猫の病気