猫の病気

病気END

clickするとページに移動

■HOME■

みんなで広げようペットの輪!!トリミングサロンDogBuddyのトップページ

■グッツ■

雑貨やペットグッツのページ!

■料金■

トリミングコース料金表。

■アクセス■

西八王子駅南口から徒歩5分以内!

■キャンペーン■

お得な割引情報はもちろん!

■店舗紹介■

DogBuddy店舗の紹介をしています。

■ニュース■

トリミングサロンの最新情報満載のニュースです。

■割引情報■

最新割引クーポンの入手の仕方をチェック!!

■送迎■

無料送迎有り!!

■いたちの湯■

いたち専門温泉いたちの湯紹介!!

■一時預かり■

大切なペットお預かりします。

■猫の病気■

猫の病気についてのトップページです

■フェレットの病気■

フェレットの病気についてのトップページです

■動物病院■

八王子、多摩周辺の動物病院案内です

■サイトマップ■

ダイレクトにページにアクセス!HPの目次です。

病気END 携帯サイト

トリミングサロントップページ >猫の病気TOP >泌尿器系の病気

猫の病気、カテゴリー。泌尿器系の病気

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。定休日を除く9:30〜19:00受付可能

このページの一番下へ

尿毒症

腎臓機能の働きが低下すると本来、尿によって排出されるべきものが体内に貯まってしまいます。

そうなると、食欲低下・嘔吐・下痢・歩く時にふらつくなどの症状が起こり、さらには体温低下や痙攣を起こす事もあります。

尿毒症とは腎不全の結果、尿毒素(窒素化合物、クレアチニンなど)が排出されなくなり体内に溜まるために現れる様々な症状をいいます。

神経や循環器、消化器、血液など、ほとんどの器官に異常が現れます。

緊急の治療を行わなければいけないので、入院し点滴をして大量の水分を補給させます。

そうすれば尿毒症の要因となっている窒素化合物を尿と同時に排出できます。

状況により猫も人間同様の血液透析を行う場合もありますが、血液自体が少ないので貧血に陥ることがあります。

治療方法はまずは血液中の窒素化合物やクレアチニンの量を測定し進行具合を調べます。 その後、腎機能を回復させるための治療を行います。 またそれぞれの症状に応じた薬を投与します。

尿毒症

八王子・多摩動物病院のページを表示

尿道閉塞

膀胱から流れ出たストラバイト結晶が、尿道の出口につまる病気です。

メス猫の場合にはオス猫より尿道が太いため、あまり症状が出ず、メス猫よりオス猫にみられる病気です。

原因は、リンやマグネシウム、動物性タンパク質の過度の摂取により起こることが多いようです。

症状としては、尿が膀胱にたまり尿を出したくても出なかったり、血尿や下腹部の膨れがみられます。

尿道閉塞

八王子・多摩動物病院のページを表示

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。9:30〜19:00受付可能

トリミングサロン猫の病気