猫の病気

病気END

clickするとページに移動

■HOME■

みんなで広げようペットの輪!!トリミングサロンDogBuddyのトップページ

■グッツ■

雑貨やペットグッツのページ!

■料金■

トリミングコース料金表。

■アクセス■

西八王子駅南口から徒歩5分以内!

■キャンペーン■

お得な割引情報はもちろん!

■店舗紹介■

DogBuddy店舗の紹介をしています。

■ニュース■

トリミングサロンの最新情報満載のニュースです。

■割引情報■

最新割引クーポンの入手の仕方をチェック!!

■送迎■

無料送迎有り!!

■いたちの湯■

いたち専門温泉いたちの湯紹介!!

■一時預かり■

大切なペットお預かりします。

■犬の病気■

犬の病気についてのトップページです

■フェレットの病気■

フェレットの病気についてのトップページです

■動物病院■

八王子、多摩周辺の動物病院案内です

■サイトマップ■

ダイレクトにページにアクセス!HPの目次です。

病気END

携帯サイト

トリミングサロントップページ >猫の病気TOP >呼吸器系の病気

猫の病気、カテゴリー。呼吸器系の病気

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。定休日を除く9:30〜19:00受付可能

このページの一番下へ

咽頭炎・扁桃炎

咽頭が炎症を起こしている状態を咽頭炎といい、細菌やウイルスに感染することによって発症します。

症状は発熱や鳴き声のかすれです。また咽頭よりさらに奥の両側・扁桃が炎症を起こしている状態を扁桃炎といい、 こちらも細菌やウイルスに感染することによって発症します。

主な症状は発熱です。のどの痛みもあるようで食欲減退なども見られます。

治療方法はどちらも、抗生物質や抗炎症剤の投与です。

咽頭炎・扁桃炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

鼻炎

猫の鼻炎の多くは、ヘルペスウイルスによる猫ウイルス性鼻気管炎、カリシウイルスによる猫カリシウイルス感染症などのウイルス感染が原因となります。

また、真菌感染によるクリプトコッカス症なども鼻炎を引き起こすことがあります。

そのほかに、花粉やハウスダスト、イエダニなどによるアレルギー、煙やガス、刺激性の薬品などの吸引が要因で、発症する場合もあります。

鼻炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

副鼻腔炎

副鼻腔炎になると、粘り気のある膿のような鼻水やくしゃみが見られます。

また、鼻がつまるために呼吸が荒くなるほか、鼻すじが腫れて熱や痛みが出ることもあります。

さらに炎症が進めば、蓄膿症になることもあります。また、鼻が効かないために食欲も低下し、元気もなくなってしまいます。

副鼻腔炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

気管支炎

気管支炎の症状は、主に空咳(からせき:タンの出ない、からっとした咳。咳をするときに吐くようなしぐさをする。

実際に咳の刺激で嘔吐することもある)が 見られます。また、咳と同時に鼻水や涙、発熱をともなう場合もあります。

症状が重くなるにつれて胸の痛みが出てくるため、じっとして元気がなくなり、胸の あたりを触られるのを嫌がります。

気管支炎は、猫ウイルス性呼吸器感染症や猫カリシウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎(FIP)などのウイルスや、真菌、細菌などの感染が主な原因となります。刺激性のガスや化学薬品を吸い込んだときや、異物を飲み込んだときも気管支炎になることがあります。また、夏場のエアコンの効かせすぎでも、気管支炎を引き起こすことがあるので要注意です。

気管支炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

肺炎

猫の肺炎は、肺と気管支が炎症をおこす病気です。発症すると、咳をする、熱が出る、鼻水、息が荒くなる、元気がなくなる、食欲が落ちる、 といった症状が見られます。

鼻炎や気管支炎、咽頭炎などの呼吸器系の病気と症状は同じですが、呼吸困難を起こし、立ったり動くことができなくなるなど、症状が重くなるのが特徴です。

肺炎は、気管支炎を併発することが多く、胸膜炎をともなう場合もあります。

肺炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

膿胸

犬にくらべて猫に多い病気です。胸の中にうみがたまり、肺を圧迫するため、猫は呼吸困難を起します。

呼吸器の感染に続いて起こることもありますが、他の呼吸器の症状がそれほどはっきりしていないにもかかわらず、 急に起こることもあります。

膿胸

八王子・多摩動物病院のページを表示

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。9:30〜19:00受付可能

トリミングサロン猫の病気