店舗紹介・ペット専門美容室・トリミングサロン・トリミングルームとしてのペットと人の輪を考える

病気END

clickするとページに移動

■HOME■

トリミングサロンDogBuddyトップページ

■猫の病気■

猫の病気についてのトップページです

■フェレットの病気■

フェレットの病気についてのトップページです

■動物病院■

八王子、多摩周辺の動物病院案内です

■サイトマップ■

ダイレクトにページにアクセス!HPの目次です。

病気END

トリミングサロントップページ >犬の病気 >低血糖症

低血糖症

虚弱化し不安症状が現れます。血液中の糖が下がり体細胞はエネルギー源を失います。 低血糖はさまざまな原因によって起こりますが、もっとも多い原因のひとつとして、糖尿病の治療中の犬へのインスリンの過剰投与があります。 インスリン分泌性腫瘍もその他の原因として考えられます。

老犬に、低血糖症が発生することが多く見られ、老化現象と判断しないで、低血糖症について疑ってみる必要もあります。

食後に吸収された栄養素のために血糖値が上昇しますが、その時には「インシュリン」というホルモンが膵臓から分泌されて血糖値を下げたり、 細胞内部に糖を取り入れて細胞がエネルギーとして利用できるようにするなどの重要な働きを担っています。

子犬の低血糖症はブドウ糖を与える事によって治療し 成犬であれば食餌をすると一般的に症状がおさまります。

基本的に薬を用いた内科治療をします。薬品としては血糖値を上昇させる作用のある副腎皮質ホルモン製剤であるプレドニゾロンを使用します。 この薬を使用する事によって血糖値を上昇させる作用と病気による血糖値の低下とを拮抗させて、可能な限り生活に負担なくて血糖値を維持するようになります

八王子・多摩動物病院のページを表示

DogBuddyができること

動物の病気をDogBuddyは治すことができません。

ただ飼い主様と共に戦う事はできます。トリマーは学生時代病気についての知識もある程度習います。

この文章を書いている私も以前、深夜にフェレットが苦しそうにしているのに当時インターネットがまだ普及していなかった為どうしていいのかわからずに深夜に電話にでるはずもない病院に電話を掛けていた事がありました。このページはそういう時の為、または普段から雑学として読んでいただけたら幸いです。

DogBuddyではもし何かあった時飼い主様と共に悩み戦おうと思います。店頭のStaffも先ほど言ったようにまったくのシロートではなく、今もペットの知識を蓄えようとしている者が対応しております。お手伝いできる事はできる範囲で共に悩み立ち向かって行こうと思います。

またお客様同士の情報交換も大切にしていきたいです。病気の乗り切り方、心構えなど気軽に相談できる人と出会える場所になるといいと私は思います。

トリミングサロン犬の病気