トリミングサロントップページ >犬の病気 >犬回虫症

犬回虫症

犬回虫という回虫の仲間は、 生後3カ月くらいまでの子犬の小腸に寄生しています。

この虫の幼虫が、肝臓や肺、筋肉や眼のなかに 入り込んで起こる病気が犬回虫症です。

子犬の便とともに外に出てきた犬回虫の卵は、 適当な環境で数週間たつと感染可能になりますが、 子犬以外の動物がこの卵をのみ込んでも、そのなかでは成熟できません。

成犬のなかでも、犬回虫は成熟できません。

子犬が成虫に感染しているのは、 幼虫をもっている母犬が妊娠すると虫がいっせいに胎児に移動して、 生後まもなく虫が腸管におりてきて成熟するからです。

自覚症状がまったくないことも多いのですが、 虫が肺を通る時に咳(せき)や発熱、胸痛などの症状が出ることがあり、 アレルギーで皮膚に赤い発疹が出ることもあります。

また、健康診断での超音波検査で、 肝臓にいくつもの影が見つかることもあります。

幼虫が眼に入ると、視力の低下、眼の痛み、 眼の前を眼球の動きにつれてゴミが飛ぶような症状 (飛蚊症(ひぶんしょう))が現れます。

八王子・多摩動物病院のページを表示

DogBuddyができること

動物の病気をDogBuddyは治すことができません。

ただ飼い主様と共に戦う事はできます。トリマーは学生時代病気についての知識もある程度習います。

この文章を書いている私も以前、深夜にフェレットが苦しそうにしているのに当時インターネットがまだ普及していなかった為どうしていいのかわからずに深夜に電話にでるはずもない病院に電話を掛けていた事がありました。このページはそういう時の為、または普段から雑学として読んでいただけたら幸いです。

DogBuddyではもし何かあった時飼い主様と共に悩み戦おうと思います。店頭のStaffも先ほど言ったようにまったくのシロートではなく、今もペットの知識を蓄えようとしている者が対応しております。お手伝いできる事はできる範囲で共に悩み立ち向かって行こうと思います。

またお客様同士の情報交換も大切にしていきたいです。病気の乗り切り方、心構えなど気軽に相談できる人と出会える場所になるといいと私は思います。

トリミングサロン犬の病気