トリミングサロントップページ >犬の病気 >犬ジステンパー

犬ジステンパー

犬ジステンパーにかかると、 目やにや鼻水、発熱、食欲の低下などの症状が現れます。

発症すれば狂犬病に次いで致死率が高い(90%超)と言われ、 4?7日前後の潜伏期間を経て リンパ組織に侵入したウイルスがリンパ球を破壊します。 同時にウイルスは犬の体細胞を使って増殖し、 ウイルスを含んだ目やにや鼻水、唾液、 便などを媒介して感染が広がってしまいます。

初期症状は軽く、自然と治るケースがほとんどです。 しかし、免疫力の弱い子犬などが犬ジステンパーに感染した場合では、 感染後4週間ほど経ってから、再び咳や下痢、嘔吐などの症状が現れます。 また二次感染して重篤な症状を引き起こすことがあります。

犬ジステンパーウイルスが脳神経細胞や脊髄の神経細胞に侵入すれば、 痙攣(けいれん)発作や、歩くことができないなどの神経症状が現れ、 最悪の場合には死に至ることもあり、犬ジステンパーは鼻水や目やになどの 初期症状がなく、突然、痙攣(けいれん)などの 神経症状が現れることもあり注意が必要です。

残念ながら現代の獣医療では、犬ジステンパーウイルスそのものを 退治する有効な治療方法は見つかっていません。

しかし抗生物質が細菌の二次感染を防ぐために使用され、 その他、嘔吐・下痢を防ぐ投薬、および神経症状による発作を 抑える抗けいれん剤や鎮静剤などを投与したりする対症療法が行われます。

八王子・多摩動物病院のページを表示

DogBuddyができること

動物の病気をDogBuddyは治すことができません。

ただ飼い主様と共に戦う事はできます。トリマーは学生時代病気についての知識もある程度習います。

この文章を書いている私も以前、深夜にフェレットが苦しそうにしているのに当時インターネットがまだ普及していなかった為どうしていいのかわからずに深夜に電話にでるはずもない病院に電話を掛けていた事がありました。このページはそういう時の為、または普段から雑学として読んでいただけたら幸いです。

DogBuddyではもし何かあった時飼い主様と共に悩み戦おうと思います。店頭のStaffも先ほど言ったようにまったくのシロートではなく、今もペットの知識を蓄えようとしている者が対応しております。お手伝いできる事はできる範囲で共に悩み立ち向かって行こうと思います。

またお客様同士の情報交換も大切にしていきたいです。病気の乗り切り方、心構えなど気軽に相談できる人と出会える場所になるといいと私は思います。

トリミングサロン犬の病気