店舗紹介・ペット専門美容室・トリミングサロン・トリミングルームとしてのペットと人の輪を考える

犬の病気、カテゴリー。目の病気

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。定休日を除く9:30〜19:00受付可能

このページの一番下へ

溶血性貧血

赤血球が何らかの遺伝性素因で 循環血中赤血球の崩壊が亢進する再生性の貧血です。 先天性(遺伝性)、後天性があります。 赤血球膜の異常・赤血球酵素の異常・酵素異常 膜異常・異常ヘモグロビンなどが起こります。

赤血球自身の異常により赤血球が破壊されやすくなるのが原因です。

後天性は抗体によるものや血管壁、 血流など赤血球以外の原因で起きるものが多いです。

一部の細菌は、赤血球を破壊する強力な毒素を産生し、 重い感染症では、溶血性貧血を続発することがあります。 遺伝性の遺伝子欠損によっても子犬に溶血性疾患を起こすことがあります。 なかでも最も多い原因は、 体の免疫系がまちがえて自分自身の赤血球を攻撃することで、 これを免疫介在性溶血性貧血と呼びます。

動悸・息切れ・全身倦怠感・いらいら感・めまい・耳鳴り・頻脈などが起きます。

溶血性貧血

八王子・多摩動物病院のページを表示

イヌ伝染性肝炎

イヌ伝染性肝炎にかかると、肝臓に炎症が起こり、吐く、 熱が出る、下痢をする、お腹を痛がるなどの症状が現れます。

病気の程度は様々で、軽症の場合は軽い発熱や鼻水が 出る程度ですが、重症の場合はぼんやりした虚脱状態になり、 発症して半日から1日の間に死に至ることがあります。 特に1歳未満の子犬が感染した場合は、死亡するケースが多く見られます。 また、他のウイルスと混合感染すれば致死率がより高くなります。

犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルス1型に感染することで発生します。 感染経路は、すでに感染した犬の唾液や尿、便などが直接口に入ったり、 それらが付着した食器をなめたりすることなどです。

このウイルスは外部環境での抵抗力が強いため、 室温でも一定期間は感染性を保ちます。 病気から回復した後も尿と一緒に一定期間排泄されて、 ほかの犬への感染源となります。

治療には対症療法を行い、予防には弱毒生ワクチンが用いられます。

イヌ伝染性肝炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

眼瞼外反症

まぶた(特に下まぶた)が外側にめくれた状態。

この病気は、まぶたの内側の涙腺や結膜が 常に空気にさらされるため乾燥し、 細菌などにたいする抵抗力が弱くなる。

まぶたがめくれている為、犬は目を気にし、目やにや涙が多くなる。 目が露出しているので乾燥したり 感染により結膜炎や角膜炎にかかりやすい。

眼瞼外反症というのは、 先天的にまぶたの外側がひっくり返っているため起こる。 ほとんどの場合は下まぶたがめくれている。

また、結膜炎の炎症によるまぶたの腫れや外傷による 顔面まひなどが原因の場合もある。

眼瞼内反症

常にまつ毛が角膜の表面をこすってしまうために 痛みや不快感があります。

場合によっては角膜に傷がついてしまって 角膜炎をおこしたり結膜炎を併発することもあります。

かゆみがあるために目をこすって涙や目やにが出たり まぶしそうに目をしょぼしょぼさせたりします。

眼瞼外反症

八王子・多摩動物病院のページを表示

緑内障

緑内障は、眼圧(眼球を球状に保つための眼球内部からの圧力)が 高くなるために起こる病気です。

進行すると失明する危険もあるため、早期の治療が肝心です。

緑内障

八王子・多摩動物病院のページを表示

白内障

白内障は目の瞳孔の中が白く濁ってくる。 濁りが進むとともに視力が低下し、よろけたり、 何かにぶつかったり、物を見失ったりする。

ただ白内障はゆっくり進行していくので 、目の濁りがひどくならないと気付かない事もよくある。

目の水晶体の部分のたんぱく質に変化が起こり白く濁ってくる。 老化により起こる事が多い。 6歳未満で症状が表われた場合は糖尿病など 内科的病気が原因であったり先天性のことが多く、 6歳以上で徐々に進行した場合は老化によるものが多い。

白内障

八王子・多摩動物病院のページを表示

角膜炎・結膜炎

角膜は黒眼を被っており、 結膜はまぶたの裏側にあるため外気と常に接触しています。

そのため、ホコリが目に入ったり、細菌やウイルスなどに 感染することで炎症を起こし、角膜炎や結膜炎になります。

また、ケンカや物にぶつかることでケガをしたり、 まぶたが内側に巻き込まれている眼瞼内反症になると、 常にまつ毛が角膜や結膜に当たった状態になります。

また、反対にまぶたが外側にめくれる眼瞼外反症になります。 すると、結膜が露出するのでホコリなどの異物が 目に入りやすくなることが原因になって炎症を起こします。

角膜炎・結膜炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

糖尿病

犬の糖尿病の症状として特徴的なのは水を大量に飲み、 大量の尿を排泄する。体の衰弱。

たくさん食べるのに、やせてくる場合は注意が必要である。

糖尿病の進行により、白内障、腎炎、抵抗力の低下を引き起こす。

また、嘔吐、呼吸困難、脱水症状、 ひどい場合は昏睡状態になることもある。

インスリンの働きが悪い場合は、 一日の摂取カロリー量を制限する食餌療法が中心となる。 インスリンの分泌量の低下の場合は、 インスリンを注射で補充する治療法が必要となる。

糖尿病の治療は、一生続けなければいけない。

糖尿病

八王子・多摩動物病院のページを表示

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。9:30〜19:00受付可能

トリミングサロン犬の病気