店舗紹介・ペット専門美容室・トリミングサロン・トリミングルームとしてのペットと人の輪を考える

犬の病気、カテゴリー。鼻水やよだれがでる

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。定休日を除く9:30〜19:00受付可能

このページの一番下へ

鼻炎

細菌やウイルスの感染、物理的な刺激、化学物質、 アレルギーなどによって鼻の粘膜に炎症が起こる病気です。

何が原因で炎症が起きているのかを突き止め、 原因に応じた治療をすることが大切です。

鼻炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄(びくうきょうさく) は鼻の先天性の異常です。

鼻をグーグーならして呼吸していたり、鼻水がよく飛ぶ といった症状は鼻腔狭窄(びくうきょうさく) が疑われます。

運動時や興奮時には空気をたくさん吸えず酸欠になり 舌の色も紫色になったりし、犬の鼻を見てみると 鼻が押し潰されたような形に見えます。

鼻腔狭窄

八王子・多摩動物病院のページを表示

犬ジステンパー

犬ジステンパーにかかると、 目やにや鼻水、発熱、食欲の低下などの症状が現れます。

発症すれば狂犬病に次いで致死率が高い(90%超)と言われ、 4?7日前後の潜伏期間を経て リンパ組織に侵入したウイルスがリンパ球を破壊します。 同時にウイルスは犬の体細胞を使って増殖し、 ウイルスを含んだ目やにや鼻水、唾液、 便などを媒介して感染が広がってしまいます。

初期症状は軽く、自然と治るケースがほとんどです。 しかし、免疫力の弱い子犬などが犬ジステンパーに感染した場合では、 感染後4週間ほど経ってから、再び咳や下痢、嘔吐などの症状が現れます。 また二次感染して重篤な症状を引き起こすことがあります。

犬ジステンパーウイルスが脳神経細胞や脊髄の神経細胞に侵入すれば、 痙攣(けいれん)発作や、歩くことができないなどの神経症状が現れ、 最悪の場合には死に至ることもあり、犬ジステンパーは鼻水や目やになどの 初期症状がなく、突然、痙攣(けいれん)などの 神経症状が現れることもあり注意が必要です。

残念ながら現代の獣医療では、犬ジステンパーウイルスそのものを 退治する有効な治療方法は見つかっていません。

しかし抗生物質が細菌の二次感染を防ぐために使用され、 その他、嘔吐・下痢を防ぐ投薬、および神経症状による発作を 抑える抗けいれん剤や鎮静剤などを投与したりする対症療法が行われます。

犬ジステンパー

八王子・多摩動物病院のページを表示

胃拡張

胃拡張が胃の捻転(胃捻転)を伴うと、生命にかかわる病態となります。

胃の一部またはすべてが捻転すると、 食べ物が胃に出入りするのが阻害され、腹部が膨張します。

犬はよだれを垂らしたり、吐き気をもよおしたり、休みなく歩き回り、 気分が悪くなり、痛がります。すぐにショックの症状が起こります。

胃捻転は、すばやく治療を受けた犬でも高致死率の急性疾患です。 迅速な診断と、積極的な内科治療に併せてすみやかに手術を行うことが、 生存の可能性を高めます。

しかし、治療の効果はあまりみられません。

胃拡張

八王子・多摩動物病院のページを表示

イヌ伝染性肝炎

イヌ伝染性肝炎にかかると、肝臓に炎症が起こり、吐く、 熱が出る、下痢をする、お腹を痛がるなどの症状が現れます。

病気の程度は様々で、軽症の場合は軽い発熱や鼻水が 出る程度ですが、重症の場合はぼんやりした虚脱状態になり、 発症して半日から1日の間に死に至ることがあります。 特に1歳未満の子犬が感染した場合は、死亡するケースが多く見られます。 また、他のウイルスと混合感染すれば致死率がより高くなります。

犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルス1型に感染することで発生します。 感染経路は、すでに感染した犬の唾液や尿、便などが直接口に入ったり、 それらが付着した食器をなめたりすることなどです。

このウイルスは外部環境での抵抗力が強いため、 室温でも一定期間は感染性を保ちます。 病気から回復した後も尿と一緒に一定期間排泄されて、 ほかの犬への感染源となります。

治療には対症療法を行い、予防には弱毒生ワクチンが用いられます。

イヌ伝染性肝炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

食道炎

軽い症状の場合は無症状の場合もありますが 食道の不快感による食欲不振・体重減少 血液を含む唾液のような体液の吐出などが起こります。

重度の食道炎を放置していると 炎症のひどい箇所が狭窄して障害が起こります。

痙攣・異物・発熱障害・刺激性化学物質 胃からの逆流がきかっけで食道が傷ついたりし炎症を起こします。

食道炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

唾液腺の炎症

よだれの量が多い場合、食道の炎症の可能性が考えられます。 食道炎とは食道に炎症が起きる病気です。そのため食べ物を飲み込めず、同時に唾液も取り込めない為、よだれが異常に多くなります。

唾液腺の炎症

八王子・多摩動物病院のページを表示

レプストピラ症

レプストピラ菌が原因の伝染病です。 ネズミからうつる場合が在り、ねずみのいるところで病気が発症する可能性があります。

ネズミによる媒介。 レプストピラ菌に汚染された尿が排泄された川水、下水などの環境で、 なめたり水をのんだりすることで経口感染、直接ふれたりすることにより経皮感染します。

出血黄疸型は黄疸、おう吐、発熱、歯茎からの出血など。 カニコーラ型は下痢、おう吐、発熱、脱水症状など。 どちらのタイプとも、症状がすすむと尿毒症になり数日で死亡することがあります。

犬がかかってしまったら、食器などの消毒をしたり、糞便に直接さわらないように手袋を着用して処理するなど注意が必要です。

子犬期からのワクチン接種で予防することが大切です。 人間にうつる可能性があります。

レプストピラ症

八王子・多摩動物病院のページを表示

イヌ伝染性肝炎

イヌ伝染性肝炎にかかると、肝臓に炎症が起こり、吐く、 熱が出る、下痢をする、お腹を痛がるなどの症状が現れます。

病気の程度は様々で、軽症の場合は軽い発熱や鼻水が 出る程度ですが、重症の場合はぼんやりした虚脱状態になり、 発症して半日から1日の間に死に至ることがあります。 特に1歳未満の子犬が感染した場合は、死亡するケースが多く見られます。 また、他のウイルスと混合感染すれば致死率がより高くなります。

犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルス1型に感染することで発生します。 感染経路は、すでに感染した犬の唾液や尿、便などが直接口に入ったり、 それらが付着した食器をなめたりすることなどです。

このウイルスは外部環境での抵抗力が強いため、 室温でも一定期間は感染性を保ちます。 病気から回復した後も尿と一緒に一定期間排泄されて、 ほかの犬への感染源となります。

治療には対症療法を行い、予防には弱毒生ワクチンが用いられます。

イヌ伝染性肝炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

熱射病

犬は熱中症になりやすい動物です。 人間には汗をかく場所はたくさんありますが、 犬の皮膚には汗腺がないために体温を冷やすことはできません。

唯一汗をかく場所は足の裏です。 そこで犬は熱くなり体温が上昇した時に、口で呼吸し、 空気の入れ替えを行なって体温を下げようとします。

しかしこれでは効率が悪く、熱中症の危険があります。 太りすぎの犬・ブルドックやチンなどの短頭犬や 心臓病のある犬は呼吸問題を持っています。 そのために熱い日は、他の犬よりも 熱中病・呼吸困難になりやすいので注意が必要です。

熱射病

八王子・多摩動物病院のページを表示

ケンネルコフ

乾いた咳、いわゆる空せきを繰り返すようになります。 空咳をするときは首を下に曲げ、 何かを吐くときの症状とまちがえることもあり 咳の刺激により本当に吐き気を誘発することもあるので注意が必要です。

病状が重くなるとのどの周辺を触られるのを嫌がり、 獣医師が様子をみるために触るだけで咳がひどくなることもあります。 ちょっと運動しただけでも咳がひどく出ることもあります。

ゼーゼーとした呼吸音が聞こえたり、呼吸困難をおこし、 口をあけて呼吸することもあります。

ウイルス、細菌、真菌などの感染によるもの、 刺激性の煙やガス、化学薬品などを吸い込んだものなどが考えられます。

ケンネルコフ

八王子・多摩動物病院のページを表示

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。9:30〜19:00受付可能

トリミングサロン犬の病気