店舗紹介・ペット専門美容室・トリミングサロン・トリミングルームとしてのペットと人の輪を考える

犬の病気、カテゴリー。呼吸に異常がある。

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。定休日を除く9:30〜19:00受付可能

このページの一番下へ

心室中隔欠損症

心室中隔欠損症でも軽い場合には無症状で気付かない事もあるが、 運動した時に軽い呼吸困難が起こるようでしたら注意が必要です。

進行すると、運動した時に疲れて動かなくなり、 呼吸困難でチアノーゼを起こす、食欲がなく痩せてきたり 発育障害が出てくるような重度の場合には外科手術が必要になります。

心室中核欠損症

八王子・多摩動物病院のページを表示

僧帽弁閉鎖不全症

乾いた咳が出たり(散歩の途中や帰宅後、夜中など)、 少しの運動で息切れをする。

また、肺水腫を起こす。 肺水腫が起きると、苦しそうにせきをする。 夜間から朝にかけて、特にせきがひどくなる。 重症になってくると、安静時でも、苦しそうに呼吸するようになる。

僧帽弁閉鎖不全症は、老化や遺伝によって僧帽弁 (心臓のなかにあって、血液の逆流を防ぐ働きをする弁)が ぴったりと閉じなくなることが原因で発症。 僧帽弁が閉じないと血液が逆流をくり返し、心臓が肥大する。 それによって気管支が圧迫されたり、肺の機能が低下したりして、 肺がうっ血して呼吸がうまくできなくなる。

僧帽弁閉鎖不全症を完全に治す治療法は、残念ながらない。

強心剤で心臓の働きを強化したり、利尿薬で体内の余分な水分を減らし、 心臓に流れ込む血液量を減らす。 また、血管拡張剤で血管を広げ、心臓の負担を軽減する。

心臓に負担をかけにくい生活を心がける必要がある。

僧帽弁閉鎖不全症

八王子・多摩動物病院のページを表示

フィラリア症

フィラリア症とは、蚊の媒介によってフィラリア(イヌ糸状虫)が、 犬から犬へと感染しておこる病気です。

フィラリアはおもに犬の心臓と肺動脈に住みつき、 心臓をはじめとして、肺、肝臓、腎臓など様々なダメージを与える 犬にとって非常に重大な病気のひとつです。

フィラリア症には予防薬があり、獣医師の指示にしたがって 定期的に予防薬を飲ませてあげてください。

症状は、運動後に失神してしまう 散歩に行きたがらない・食欲不振・体重減少・咳などです。 重症時には貧血・腹部が肥大する腹水 おしっこが赤い(血色素尿)などの症状も出ます。

フィラリア症

八王子・多摩動物病院のページを表示

熱射病

犬は熱中症になりやすい動物です。 人間には汗をかく場所はたくさんありますが、 犬の皮膚には汗腺がないために体温を冷やすことはできません。

唯一汗をかく場所は足の裏です。 そこで犬は熱くなり体温が上昇した時に、口で呼吸し、 空気の入れ替えを行なって体温を下げようとします。

しかしこれでは効率が悪く、熱中症の危険があります。 太りすぎの犬・ブルドックやチンなどの短頭犬や 心臓病のある犬は呼吸問題を持っています。 そのために熱い日は、他の犬よりも 熱中病・呼吸困難になりやすいので注意が必要です。

熱射病

八王子・多摩動物病院のページを表示

ケンネルコフ

乾いた咳、いわゆる空せきを繰り返すようになります。 空咳をするときは首を下に曲げ、 何かを吐くときの症状とまちがえることもあり 咳の刺激により本当に吐き気を誘発することもあるので注意が必要です。

病状が重くなるとのどの周辺を触られるのを嫌がり、 獣医師が様子をみるために触るだけで咳がひどくなることもあります。 ちょっと運動しただけでも咳がひどく出ることもあります。

ゼーゼーとした呼吸音が聞こえたり、呼吸困難をおこし、 口をあけて呼吸することもあります。

ウイルス、細菌、真菌などの感染によるもの、 刺激性の煙やガス、化学薬品などを吸い込んだものなどが考えられます。

ケンネルコフ

八王子・多摩動物病院のページを表示

グレー・コリー・シンドローム

犬の遺伝性の病気です。コリー犬に発症します。

遺伝性の犬の病気のため、食い止めることは難しい。 最終的には肺炎や出血性胃腸炎等で死亡する可能性があります。

発熱、結膜炎、元気がない、食欲減退、関節痛、呼吸不全、下痢

グレー・コリー・シンドローム

八王子・多摩動物病院のページを表示

イヌ伝染性肝炎

イヌ伝染性肝炎にかかると、肝臓に炎症が起こり、吐く、 熱が出る、下痢をする、お腹を痛がるなどの症状が現れます。

病気の程度は様々で、軽症の場合は軽い発熱や鼻水が 出る程度ですが、重症の場合はぼんやりした虚脱状態になり、 発症して半日から1日の間に死に至ることがあります。 特に1歳未満の子犬が感染した場合は、死亡するケースが多く見られます。 また、他のウイルスと混合感染すれば致死率がより高くなります。

犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルス1型に感染することで発生します。 感染経路は、すでに感染した犬の唾液や尿、便などが直接口に入ったり、 それらが付着した食器をなめたりすることなどです。

このウイルスは外部環境での抵抗力が強いため、 室温でも一定期間は感染性を保ちます。 病気から回復した後も尿と一緒に一定期間排泄されて、 ほかの犬への感染源となります。

治療には対症療法を行い、予防には弱毒生ワクチンが用いられます。

イヌ伝染性肝炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

胃捻転

胃捻転とは、胃がねじれてしまうことです。

犬の腹部に急激に「空気」や「ガス」がたまります。(胃拡張) その後、胃が回転し、そのねじれによって胃の入り口と出口がふさがり パンパンに膨らんだ胃は機能しなくなり、壊死してしまいます。 膨張した腹部は胃の周りの臓器や静脈をも圧迫し、 あらゆる組織が急速に破壊しはじめます。 その結果、胃や胃の周辺臓器の多機能不全などが起こり、 食道が塞がっているので、犬はゲップして空気やガスを外に出すことも、 吐き気があっても吐くことができません。 血液も正常に流れなくなり、不整脈を起こすこともあります。

ただちに処置をしないと、昏睡状態になり、死亡します。

胃捻転

八王子・多摩動物病院のページを表示

胃拡張

胃拡張が胃の捻転(胃捻転)を伴うと、生命にかかわる病態となります。

胃の一部またはすべてが捻転すると、 食べ物が胃に出入りするのが阻害され、腹部が膨張します。

犬はよだれを垂らしたり、吐き気をもよおしたり、休みなく歩き回り、 気分が悪くなり、痛がります。すぐにショックの症状が起こります。

胃捻転は、すばやく治療を受けた犬でも高致死率の急性疾患です。 迅速な診断と、積極的な内科治療に併せてすみやかに手術を行うことが、 生存の可能性を高めます。

しかし、治療の効果はあまりみられません。

胃拡張

八王子・多摩動物病院のページを表示

悪性リンパ腫

リンパ組織が、がんになることをいいます。

どこのリンパ節に出来たかで症状が異なり、 腸や腹腔の消化器型と呼ばれる悪性リンパ腫は、下痢や嘔吐が見られます。 胸腔のリンパ節が腫れるタイプの縦隔型は、 咳や呼吸があらかったりなどの症状が出ます。 皮膚型は皮膚病と同じような症状がでます。

リンパ節は、胸や腹、あごやわきの下、股など、たくさんありますが ここに悪性リンパ腫が出来てしまうと進行が早いので治療をすぐしないといけません。

一般的には抗がん剤の治療になります。

悪性リンパ腫

八王子・多摩動物病院のページを表示

肺炎

せきが出ることが多く、吐いたりし呼吸が苦しくなったり、 発熱のため運動を嫌がったり、食欲がなくなります。 一般的に気管支炎や咽頭炎よりも症状は重たいです。

楽な姿勢を作ろうとして、前足を伸ばしたり・つっぱった姿勢をします。 肺炎が重くなりますと、体を横にして休憩できなくなり 体力の消耗にも繋がってきます。

犬の肺炎は症状が進むと呼吸困難や発熱を起こす場合もあります。

原因はジステンパーウイルス、 パラインフルエンザウイルス(ケンネルコフの原因) アデノウイルス、細菌、真菌、寄生虫 などの感染によるものが多いようです。 また、冬の乾燥して寒い時や雨の多い梅雨時などには、 ウイルスや細菌による感染症にかかりやすくなり、 感染症の程度によっては肺炎を併発することがあります。 また、刺激性のガスや薬品を、吸い込むことで起こる場合もあります。

肺炎

八王子・多摩動物病院のページを表示

肺水腫

軽度の場合は、運動したり興奮すると咳が出たり、少し呼吸が苦しくなる程度ですが、 重度の場合、呼吸困難や咳がひどくなり呼吸困難がひどくなると、 よだれを流し、口を開けたまま呼吸するようになります。 前足を突っ張った姿勢をとり、落ち着きなく歩き回ることもあります。

気管支での空気の通りや肺胞でのガス交換が スムーズにいかないため、呼吸が苦しくなります。

薬品による中毒や、気管支炎や心臓疾患、 刺激性のガスや薬品を吸い込んで起こります。

肺水腫

八王子・多摩動物病院のページを表示

気管虚脱

犬の気管虚脱の症状としては、慢性的に咳が出て、呼吸困難が起こります。 特に、運動後や興奮した後に、咳や呼吸困難の発作が起きやすいので 症状の進行に伴い発作の時間が長くなり、 非常に苦しそうに呼吸するようになります。

ひどい場合、酸素不足のため、舌や歯ぐきが紫色に変色します。

気管虚脱

八王子・多摩動物病院のページを表示

緊急で動物病院の場所がよくわからない場合は■042-662-5031■DogBuddyまで。無料で最寄の動物病院の場所など詳細を調べます。9:30〜19:00受付可能

トリミングサロン犬の病気